栄養豊富な夏野菜を食べて疲れもカラダもすっきり!

栄養豊富な夏野菜を食べて疲れもカラダもすっきり!代謝アップ
この記事は約2分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「がんばらない!ダイエット」をお届けします。

夏野菜といえば、キュウリやトマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、カボチャなど種類が豊富。彩りも豊かで食欲に刺激を与えてくれます。

ちかごろは年中スーパーに並んでいて、手に入りやすい食材ですが、やはり野菜は旬の季節に収穫されたものがいちばん! 栄養価も高く美味しくいただけます。

今回は、夏野菜の種類や栄養素について紹介します。

夏野菜を食べよう!

日々の暑さによる食欲不振や暴飲暴食、エアコンや冷たい飲み物で体を冷やしたりと、夏は体の代謝機能も下がりやすくなります。

そこで、活躍するのが栄養豊富な「夏野菜」です!

夏野菜を知って食べて、夏に負けないカラダになりましょう。

旬の夏野菜と栄養素

きゅうり・・・カリウムやカルシウムが豊富で利尿作用が高まりむくみ対策に

トマト・・・・ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンが豊富。美肌効果や老化防止

ゴーヤ・・・・ビタミンCや他のビタミン、ミネラルをバランスよく含み夏バテ予防

ナス・・・・・カリウムがむくみ対策に、ナスニンが抗酸化防止に効く!

おくら・・・・ネバネバ成分が胃の粘膜を保護し、疲れた胃腸のケア

モロヘイヤ・・ビタミンC、E、β-カロテンが活性酸素の抑止に!

つるむらさき・ビタミンB群が豊富。カリウムがデトックスを助けてくれる

大葉・・・・・防腐・殺菌作用にすぐれ、食欲増進胃腸を元気に!

かぼちゃ・・・β-カロテンが粘膜や皮膚の抵抗力を高めて夏風邪予防

熱中症予防にも!

夏野菜のトマトやナスは、熱くなったカラダを冷やしてくれるため熱中症予防になります。キュウリやナスは水分も多く水分補給にもおすすめです。

逆に体が冷えてむくみが気になるときは、加熱調理をしたり、体を温める香味野菜(ネギ、ニンニク、ショウガなど)や香辛料と一緒に食べましょう!

この記事を気に入ってくれたなら、LINE@お友達追加してくれると、うれしいです!

https://line.me/R/ti/p/@gxv8801u
QR

ダイエットや健康・いろんなココダケのお得情報をお届けします。