夏バテ対策におすすめな栄養素と食材を紹介!

夏バテ対策におすすめな栄養素と食材を紹介!痩せる栄養学
この記事は約2分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「がんばらない!ダイエット」をお届けします。

夏本番を迎えた八月、毎日暑い日が続きます。体がだるかったり、食欲低下などの夏バテの症状が出ていませんか?

ダイエットを成功させるには、健康で毎日元気に過ごすことが一番です。

夏バテを防ぐ、食べ物を知って元気に夏を乗り切りましょう!

夏バテにはなんといっても「ビタミンB群」が大事!

夏バテのときには、積極的に摂ってほしいのが「ビタミンB群」

疲労回復に不可欠な「ビタミンB群」は、食事から摂取した栄養素(糖質、タンパク質、脂質)からのエネルギー生成を助けてくれます。

ただ食べ物を食べるだけでは、身体がエネルギーを作り出すことができません。ビタミンB群を摂ることで、エネルギー効率がアップして、疲労回復につながります。

ビタミンB群の多いおススメ食材

・豚肉
・うなぎ
・大豆
・玄米
・ほうれん草
・枝豆

夏バテには良質な「タンパク質」

夏バテ解消のためには、体の基となる栄養素「良質なたんぱく質」は必須!

さっぱりしたものが食べたくなるとタンパク質が不足しがち。そうなると疲れやすくスタミナ切れを起こしてしまいます。

良質なタンパク質の多いおススメ食材

・肉 (ヒレ肉、もも肉、ささみなど脂身が少ないものがおすすめ)
・魚
・卵
・大豆製品(納豆、豆腐)
・乳製品(無脂肪や低脂肪がおすすめ)

不足がちな「ミネラルと水分」を摂ろう

暑い夏、体温を下げようとして汗をかくと、水分やミネラルが体から出て行ってしまいます。

ミネラルは筋肉の収縮にもかかわる栄養素で、不足すると脱力感や筋力低下、食欲不振といった症状を引き起こすリスクがあります。

ミネラルが多いおススメ食材

・海藻類(ワカメなど)
・野菜(ほうれん草、小松菜)
・メロン
・桃
・ぶどう
・自然海塩

疲労回復簡単メニュー「うなぎとほうれん草のおひたし」

ほうれん草のお浸しに、こまかく切ったうなぎと炒り卵をのせて和えるだけ!
うな丼で食べるより、カロリーダウンになるのでおすすめです。

昔から夏バテの疲労回復に良いとされているうなぎには、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1もカリウムも含まれているほうれん草と合わせること効果が期待できます!

夏バテ防止とダイエット、どちらもバランスよく食べること。
ビタミンB群、タンパク質、ミネラルを上手く取り入れて、夏に負けないカラダに!

この記事を気に入ってくれたなら、LINE@お友達追加してくれると、うれしいです!

https://line.me/R/ti/p/@gxv8801u
QR

ダイエットや健康・いろんなココダケのお得情報をお届けします。