消化酵素を含む大根をたっぷり食べてやせ体質に!

痩せる栄養学
この記事は約2分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「がんばらない!ダイエット」をお届けします。

大根の美味しい季節になりましたね!だいこんダイエットって聞いたことありますか?

大根は手に入りやすく、低カロリーで消化酵素を含んでいるので、ダイエット向きの食材です。

今回は、大根について紹介します!

大根の特徴

大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、古くから日本では親しまれている野菜です。春の七草の「すずしろ」は大根のことです。

大根は部位によって、味が変わる野菜です。

大根の上部・・・もっとも甘い部分です、シャキシャキと食感もよいため生食向きです。
サラダや大根おろしなどにピッタリです。

大根の中間部・・・ほどよく甘みがあり、加熱により柔らかくなるため煮込み料理向き。
ふろふき大根やおでんなどの煮物向きです。

大根の下部・・・・辛味が強いので、薬味や漬物に合います。辛めの大根おろしがお好みなら下部を使ってください。

大根の葉・・・・・炒めものやみそ汁の具など、葉野菜としていただけます。

大根の栄養分について

大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が含まれています。

アミラーゼ
・炭水化物を分解をし、小腸から吸収されてエネルギー源として利用されます。

プロテアーゼ(タンパク質分解)
・たんぱく質を分解して、小腸で吸収し筋肉・血液・内臓・髪の毛・爪などの身体を作ってくれます。

リパーゼ
・体内の脂肪分解を助けてくれるのでダイエット効果に期待できます。
・胃もたれ、胸やけの予防にもなります。

イソチオシアネート 
・辛み成分で、解毒作用や殺菌作用のほか、体内で消化を促す抗酸化作用もあります。

さっぱり大根の梅和えサラダレシピを紹介

大根の消化酵素を生かすなら、生で食べる皮ごと大根おろしや生食がおススメです。

材料 2人分 1人170kcal

大根・・・・・・1/3本
キュウリ・・・・1/2本
梅干し・・・・・2個
オリーブオイル・大さじ2
白胡麻・・・・・大さじ1
和風顆粒だし・・小さじ1

作り方

①大根ときゅうりを千切りにし、梅干しは種を取ってたたきます。

②ボウルに大根、キュウリ、たたいた梅干し、白胡麻、オリーブオイル、和風顆粒だしを加えて軽く和えたら、出来上がり!

大根の消化酵素を生かすには生で食べるのが良いのですが、煮物や鍋でいただいても低カロリーなので満足感があります。メインでも小鉢でも美味しくいただける大根をうまく活用してダイエットに生かしましょう!

腸活食体験会はこちらから
半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会

整った腸内の細菌は、やせるために必要な栄養素を作ってくれます。

ミールトレーニングでは【やせる栄養食】として腸内環境を整える食事を大切にしています。

今回はミールトレーニングの体験として、「半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会」を準備しました。腸活食が付きます。

この記事を気に入ってくれたなら、LINE@お友達追加してくれると、うれしいです!

LINEはこちらhttps://line.me/R/ti/p/@gxv8801u

ダイエットや健康・いろんなココダケのお得情報をお届けします。