根から葉っぱまで丸ごと食べられる「かぶ」は栄養満点!

根から葉っぱまで丸ごと食べられる「かぶ」は栄養満点!痩せる栄養学
この記事は約3分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「がんばらない!ダイエット」をお届けします。

春の七草にも含まれるすずな=かぶのこと。根から葉っぱまで栄養豊富なのはご存知ですか?

かぶの根や葉の両方には、ビタミンCや食物繊維、カリウムなど女性にうれしい栄養素を多く含んでいます。今回はかぶについて紹介します!

かぶの特徴

かぶはアブラナ科アブラナ属の野菜で、白菜やキャベツの仲間です。

味にクセがなく、幅広い料理に活用できるかぶ。さっぱりとした味わいのピクルス、厚切りにしてソテーにしても美味しく食べられる野菜です。

品種は大きさで、大かぶ、中かぶ、小かぶや、色のついた赤かぶなどがあります。また地域で栽培されているご当地かぶも多く存在しています。

なかでも、京都の千枚漬けにも使われる「聖護院かぶ」は、有名ですね。

かぶの栄養素について

ビタミンC・・・・・・ビタミンCは、かぶの根と葉両方に含まれています。体内の物質の代謝や、コラーゲンの生成と保持を助けてくれます。また体の抵抗力を高めるので、風邪の予防や疲労回復にも効きます。

アミラーゼ・・・・・・アミラーゼは消化酵素の1つ。炭水化物を分解をし、小腸から吸収されてエネルギー源として利用されます。

イソチオシアネート・・イソチオシアネートは、かぶをはじめとしたアブラナ科のキャベツやブロッコリーなどに多く含まれています。辛み成分で、解毒作用や殺菌作用のほか、体内で消化を促す抗酸化作用もあります。

β-カロテン・・・・・βーカロテンは、かぶの葉に多く含まれます。抗酸化作用が高く、皮膚や目・粘膜を健康に保ったり、免疫機能を強化してくれます。

カリウム・・・・・・塩分のバランスを整えて余分な水分を排出してくれます。むくみ改善に効きます。

食物繊維・・・・・・便秘解消や体内に入った有害な物質を排出してくれます。

かぶを丸ごと使ったシンプルナムル

かぶを丸ごと食べられて、簡単なレシピを紹介します。

材料 2人分 1人分87kcal

桜えび・・・・・・大さじ1
かぶ(葉つき)・・・2個
しょうが・・・・・1かけ
おろしにんにく・・少々
塩・・・・・・・・小さじ1/3
ごま油・・・・・・大さじ1

作り方

①かぶは葉と切り分けて、半月切りにします。葉はざく切りにして、ボウルに入れて塩小さじ1/3を加えてもみ、約3分おいて水を絞ります。

②フライパンに油をひかずに桜えびを中火で炒めます。香りが立ったら取り出して、粗熱を取ります。

③②のボウルに1、ごま油大さじ1、しょうが、にんにく、塩を加えて味を整えます。

④桜エビをちぎって、③に和えたら出来上がり!

ナムルを作って、メニューの一品に追加してみてくださいね!
かぶの葉に多く含まれるβ-カロテンは、油と一緒に摂ることで吸収されやすくなります。炒め物やソテーもおススメです。

腸活食体験会はこちらから
半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会

整った腸内の細菌は、やせるために必要な栄養素を作ってくれます。

ミールトレーニングでは【やせる栄養食】として腸内環境を整える食事を大切にしています。

今回はミールトレーニングの体験として、「半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会」を準備しました。腸活食が付きます。

この記事を気に入ってくれたなら、LINE@お友達追加してくれると、うれしいです!

LINEはこちらhttps://line.me/R/ti/p/@gxv8801u

ダイエットや健康・いろんなココダケのお得情報をお届けします。