小さくても抗酸化作用が抜群!スーパーフード「アーモンド」

小さくても抗酸化作用が抜群!スーパーフード「アーモンド」痩せる栄養学
この記事は約3分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「がんばらない!ダイエット」をお届けします。

アーモンドには、健康や美容など女性に嬉しい栄養が多く含まれています。そのことから「スーパーフード」「ナッツの王様」などと呼ばれています。

今回は、アーモンドのパワーについて紹介します。

アーモンドの特徴

アーモンドは、バラ科サクラ属で桜の仲間で、花は杏や桃に似ています。桃や梅は果肉を食べますが、アーモンドは果肉が薄く、種の中に一つずつ入っている「仁」の部分を食べます。

食用として収穫されるスイートアーモンドは、世界の約8割がアメリカのカリフォルニア地方で生産されています。カリフォルニア産のアーモンドは品質が良いので、日本のアーモンドはほとんどカリフォルニアから輸入しています。

アーモンドの名称は英名で、和名では「扁桃」へんとうと呼びます。

アーモンドの栄養素について

ビタミンE・・・・・・アーモンドには、他のナッツに比べて抗酸化作用の高い「ビタミンE」を最も多く含んでいます。体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康をサポート。アンチエイジングに効きます。また血行をよくしてくれるので、冷え性改善にもなります。

オレイン酸・・・・・アーモンドのオレイン酸コレステロール値の安定、LDL(悪玉)コレステロールの軽減、血圧を下げて血栓や動脈硬化を防ぐ効果などが期待できます。

食物繊維・・・・・・アーモンドの食物繊維は、不溶性で便のカサを増し、腸のぜん動運動を活発にしてくれるため、腸内環境を整えてくれます。

ビタミンB2・・・・・ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持には不可欠な栄養素。また、糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーに変え、代謝をサポート

アーモンドの種類とおすすめの食べ方

素焼きアーモンド・・・油も塩も使わずに炒っただけのもの。美容や健康におススメ!

生アーモンド・・・・・殻を剥いただけで火を通していないもの。歯ごたえがしっとりとしているのが特徴です。生アーモンドを水に浸して撹拌し、水を加えるとアーモンドミルクになります。

フライドアーモンド・・塩気があるので、ビールのつまみや子供のおやつに最適。

ザクザクに粗く切ったり、スライスしたものを買ってきてサラダに入れると美味しく食べられます。

にんじんとアーモンドのサラダ

材料 2人分 1人130kcal

にんじん・・・・・・・1本
アーモンドスライス・・大さじ1
ドレッシング
  オリーブ油・・・・大さじ2
  レモン汁・・・・・1/2個
  おろしにんにく・・1片分
  塩、こしょう・・・少々

作り方

①にんじんは皮をむき、千切りにします。

②アーモンドはからいりします。

③ドレッシングの材料を混ぜ、にんじんを加えてあえ、10分ほど漬けておきます。

④アーモンドを加え、ざっと混ぜたら出来上がり!


野菜を単一で使うサラダに入れると味のアクセントとなって、食べやすくなります。人参の代わりにかぼちゃを使ってもOK!カロテンとビタミンEをたっぷり摂れるので試してみてくださいね。

腸活食体験会はこちらから
半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会

整った腸内の細菌は、やせるために必要な栄養素を作ってくれます。

ミールトレーニングでは【やせる栄養食】として腸内環境を整える食事を大切にしています。

今回はミールトレーニングの体験として、「半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会」を準備しました。腸活食が付きます。

この記事を気に入ってくれたなら、LINE@お友達追加してくれると、うれしいです!

LINEはこちらhttps://line.me/R/ti/p/@gxv8801u

ダイエットや健康・いろんなココダケのお得情報をお届けします。