アスパラガスに含まれるアスパラギン酸で疲労回復!

アスパラガスに含まれるアスパラギン酸で疲労回復!痩せる栄養学
この記事は約3分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「がんばらない!ダイエット」をお届けします。

鮮やかなグリーンが印象的な「アスパラガス」春から初夏が旬のアスパラガスには、ミネラルやビタミンが豊富で、疲労回復や抗酸化作用もあります。

今回は、アスパラガスについて紹介します!

アスパラガスの特徴

アスパラガスは多年性の植物で、発芽直後の若い芽の部分を食用としています。

・グリーンアスパラガス
発芽したらよく日光に当てて育てることで鮮やかなグリーンになります。やや苦味のある風味で、栄養価も高いのが特徴です。

・ホワイトアスパラガス
グリーンアスパラガスと同じ品種。日光に当てずに地中で育てられるため白くなります。アクが少なく柔らかいが、栄養価は他のアスパラガスより劣ります。

・紫アスパラガス
アントシアニンの成分により紫色をしています。紫色の皮は加熱するとグリーンになります。

・ミニアスパラガス
長さが10cm程度の小さなアスパラガスです。輸入ものが多く、普通のアスパラガスよりもさらに細いのが特徴です。

アスパラガスの栄養分について

アスパラギン酸・・・・アスパラギン酸は筋肉疲労などでたまった乳酸をエネルギーに変換する働きを持っています。エネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸です。

ルチン・・・・・・・・ルチンは、抗酸化作用を持つポリフェノールの一種。毛細血管に弾力を与え、強くする働きがあると言われています。また、ビタミンCの吸収を促進してくれます。

葉酸・・・・・・・・・葉酸は水溶性のビタミンB群の一つです。 新しい赤血球を作り、妊娠初期の活発な細胞分裂時には必要不可欠な栄養素です。

【レシピ】アスパラガスのカラフルヘルシー炒り豆腐

材料2人分 1人分122kcal

アスパラガス・・・5本
生しいたけ・・・・40g
プチトマト・・・・5個
木綿豆腐・・・・・1丁
卵・・・・・・・・1個
オリーブ油・・・・・小さじ2
しょうゆ・・・・・・大さじ1
オリゴ糖・・・・・・大さじ1

作り方

①アスパラガスは、下1/3ぐらいの皮をむいて、8mmの小口切りにします。

②生しいたけは、石づきを切って8mm角のみじん切りにします。

③プチトマトは半分に切ります。

④豆腐は4つに切ってキッチンペーパーで包んで電子レンジで3分加熱し、水切りをします。

⑤フライパンを熱して、オリーブ油を入れたら豆腐をヘラで崩しながら炒めます。続いてアスパラガス、しいたけを加えて水気がなくなるまで炒めます。

⑥水気がなくなったら、しょうゆ、オリゴ糖を加えて、なじませてから溶きほぐした卵を絡めます。

⑦最後にプチトマトを入れて軽く混ぜたら出来上がり!

「アスパラギン酸」は、スタミナドリンクに使われています。旬のお野菜を食べて元気はつらつ健康美人を目指しましょう!

腸活食体験会はこちらから
半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会

整った腸内の細菌は、やせるために必要な栄養素を作ってくれます。

ミールトレーニングでは【やせる栄養食】として腸内環境を整える食事を大切にしています。

今回はミールトレーニングの体験として、「半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会」を準備しました。腸活食が付きます。

この記事を気に入ってくれたなら、LINE@お友達追加してくれると、うれしいです!

LINEはこちらhttps://line.me/R/ti/p/@gxv8801u

ダイエットや健康・いろんなココダケのお得情報をお届けします。