薬味だけじゃもったいない「みょうが」をたべてむくみ予防!

薬味だけじゃもったいない「みょうが」をたべてむくみ予防!痩せる栄養学
この記事は約2分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「がんばらない!ダイエット」をお届けします。

爽やかな香りと独特の風味で知られるみょうが。薬味として使われることが多いですね。

そんなみょうがには、水分のバランスを整えてむくみ予防になるカリウムを含んでいます。

今回はみょうがについて紹介します。

みょうがの特徴

みょうがは本州から沖縄まで自生する多年草で、生姜の仲間です。生姜と同じよううに花も茎も香味野菜として日本では古くから親しまれています。しかも栽培しているのは、日本だけ。

スーパーで見かける一般的にみょうがというと、蕾のことで何層も重なっている花みょうがを指しています。

そうめんや刺身などの薬味として使ったり、香りや風味が強いので、揚げ物や炒め物などでも美味しくいただけます。

みょうがの栄養分について

カリウム・・・・カリウムは、塩分のバランスを整えて余分な水分を排出し、むくみ改善に役立ちます。

ビタミンK・・・血液の凝固に関わり、不足すると止血し にくくなります。また、カルシウムとともに骨の形成をサポートします。

マグネシウム・・マグネシウムはミネラルの一種で、骨や歯の形成をサポートします。

アントシアニン・・・みょうがの赤紫色部分には、アントシアニンが含まれます。抗酸化作用があるため、アンチエイジング。視力や眼の疲れを癒してくれます。

【レシピ】トマトとみょうがのかき卵汁

材料 2人分 1人分60kcal

トマト(小)・・・1個

 みょうが・・・1個

 三つ葉 ・・・・少々

溶き卵 ・・・・1個

(A)

 だし汁(かつおだし)1と1/2カップ

しょうゆ・・大さじ1/2

 塩・・・・・少々

作り方

①トマトは皮を湯むきし、横半分に切って種を除き、ざく切りにします。

②みょうがは縦半分にに切って、斜め薄切りにします。

③卵はよく溶きほぐしておきます。

④鍋にAを合わせて煮立て、トマトとみょうがを加え、ひと煮立ちさせます。

⑤④に卵を少しずつ流し入れて、卵に火が通りすぎないようにすぐ火からおろす。器によそい、刻んだ三つ葉をちらしたら、出来上がり!

さわやかな香りと独特の風味が特徴のみょうがは、いろんな料理のアクセントになります。また、酢の物にすると、赤い色が鮮やかに出て、色どりもよくなりますよ!

腸活食体験会はこちらから
半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会

整った腸内の細菌は、やせるために必要な栄養素を作ってくれます。

ミールトレーニングでは【やせる栄養食】として腸内環境を整える食事を大切にしています。

今回はミールトレーニングの体験として、「半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会」を準備しました。腸活食が付きます。

この記事を気に入ってくれたらLINE友達追加してくれると、うれしいです!
LINE@ダイエット・健康のココだけ情報も!