しらすは低カロリーでタンパク質や代謝を助けるビタミンが豊富!

しらすは低カロリーでタンパク質や代謝を助けるビタミンが豊富!代謝アップ
この記事は約2分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「これが最後のダイエット」をお届けします。

しらすは生でも釜揚げでも美味しく、和洋中のさまざまな料理にもよく使用されています。また、低カロリーでタンパク質や脂質の代謝をサポートしてくれるビタミンB群が豊富

今回はしらすについて紹介します!

しらすの特徴

しらすとは、特定の魚ではなく主にカタクチイワシやマイワシなどの稚魚のことです。

一般的に魚の種類ではなく、加工法によって呼び方が変わります。

  • 生しらす:無加工のしらす
  • 釜揚げしらす:釜茹でしたしらす、水分量80%程度
  • しらす干し:釜茹で後に干したしらす、水分量70%程度

ちりめんじゃことは、しらす干しの中でも水分量を50%以下まで飛ばしたものになります。

しらすの栄養成分について

タンパク質・・・タンパク質は、筋肉や骨、血液、髪、爪などを作っています。なのでタンパク質不足になると、体の中に材料が入ってこないため筋肉が減り代謝が下がります。

ビタミンB6・・・脂質、タンパク質の代謝に必要な成分、皮膚や粘膜を健康に保つ効果が期待できます。

ビタミンΒ12・・ビタミンB12は、体内ではほとんど合成できないビタミンです。補酵素としてアミノ酸・脂肪酸の代謝や、正常な細胞の生成や赤血球の生成をサポートしてくれます。

ビタミンD・・・ビタミンDは、丈夫な骨作りをサポートする栄養素で、カルシウムの吸収を促進する働きがあります。

【レシピ】しらすを使ったカルシウムたっぷりふりかけ

材料2人分 1人48kcal

・しらす     大さじ3

・小松菜 1/2袋

・ごま油 大さじ1/2

・醤油  小さじ1/2

作り方

① 小松菜を1㎝幅に切ります。

② 熱したフライパンにごま油を入れて、①を炒めます。

③ 小松菜に火が通ったら、しらすを入れて軽く炒めます。

④ 香りつけに醤油を入れて全体に混ざったら、出来上がり!

しらすを使ったふりかけは、ご飯と一緒に食べるだけではなくサラダのトッピングにしても美味しくいただけます。低カロリーで代謝を助けてくれるしらすは、ダイエットにも最適!ぜひ、メニューのバリエーションに加えてくださいね。


そろそろ最後のダイエットはじめませんか?

 

しっかり、たっぷり、きっちり食べるをコンセプトにしている、カロリア ミールトレーニング®
あなたの生活スタイルやあなたの食の好みに合わせたプログラムのため、無理なく続けられます。

>ダイエット本気ではじめたいけど、本当に続けられるかな。

>いままで何度もダイエットに失敗してきた私でも大丈夫かな?

>我慢が苦手!できるだけ短期集中でダイエットできたらいいな!

マイナス1〜3kg!腸活10日間コース体験者の声

迷っているときは、先にスタートした先輩の意見を聞くのがいちばん!

体重だけでなく、心まで軽くなった方もいらっしゃいますね。人生を楽しく元気に過ごせるように「最後のダイエット」をはじめてみませんか?

マイナス1〜3kg!腸活10日間コースの予約はこちら

この記事を気に入ってくれたらLINE友達追加してくれると、うれしいです!
LINE@ダイエット・健康のココだけ情報も!