冬に食べたくなる「白菜」は美肌や便秘解消に効く!

冬に食べたくなる「白菜」美肌や便秘解消に効く!痩せる栄養学
この記事は約2分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「がんばらない!ダイエット」をお届けします。

冬野菜の代表とも言える白菜。温かい鍋やスープなど、寒い時期に最適な料理でいただける野菜です。

今回は、美肌や便秘解消に役立つ白菜について紹介します!

白菜の特徴

白菜はキャベツと同じアブラナ科の葉野菜です。現在栽培されている主な品種でも150種類を超えるほど種類が多いのが特徴です。

白菜の旬は11月下旬から2月。寒くなって霜にあたると、甘味が増してより美味しくなると言われています。それは糖度が上がると凍りにくくなるからだそう。

最近は一年中見かけられるようにもなりましたが、一番美味しく栄養も豊富な旬の時期に特にたくさん食べたいものです。

白菜の栄養素について

白菜は水分が95~96%で、色々な栄養素を含んでいる野菜です。

ビタミンC・・・ビタミンCは、皮膚や細胞のコラーゲンの合成に必須です。肌の状態を健康的に維持し、風邪予防にも欠かせないビタミンです。

ビタミンK・・・ビタミンKは、血液の凝固に関わり、不足すると止血し にくくなります。また、カルシウムとともに骨の形成をサポートしてくれます。

葉酸・・・・・・葉酸は水溶性のビタミンB群の一つです。 新しい赤血球を作り、妊娠初期の活発な細胞分裂時には必要不可欠な栄養素です。

食物繊維・・・・食物繊維は胃腸の働きを活発にするため、腸内環境を整えてくれます。

ほかにも、ミネラルのカリウムやカルシウムなども含まれます。

また、白菜に含まれる栄養素のほとんどは水に溶けやすい性質を持っているめ、汁ごと食べられる鍋物やスープが最適です。

トロトロ白菜と卵スープのレシピ

白菜をたっぷり食べられてカラダも温まるスープを紹介します。

材料 2人分 1人分 85kcal

白菜・・・・・3 枚
卵・・・・・ ・1 個
水・・・・・・600cc
中華だし・・・大さじ1
酒・・・・・・大さじ2
塩コショウ・・少々
醤油・・・・・少々
水溶き片栗粉・適量

作り方

①白菜を1cm幅に切ります。

②水、顆粒中華だし、酒を入れ、柔らかくなるまで煮込みます。

③塩コショウ、醤油で味を調えて、水溶き片栗粉でとろみをつけて溶き卵を加えたら出来上がり!

1日に必要な野菜を食べるには、生野菜プラス、温めた野菜も一緒にいただくのがコツです。白菜はスープや鍋に入れると、たっぷりいただけるので積極的に食べましょう!

腸活食体験会はこちらから
半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会

整った腸内の細菌は、やせるために必要な栄養素を作ってくれます。

ミールトレーニングでは【やせる栄養食】として腸内環境を整える食事を大切にしています。

今回はミールトレーニングの体験として、「半日で0.5㎏やせる腸活ダイエット体験会」を準備しました。腸活食が付きます。

この記事を気に入ってくれたなら、LINE@お友達追加してくれると、うれしいです!

LINEはこちらhttps://line.me/R/ti/p/@gxv8801u

ダイエットや健康・いろんなココダケのお得情報をお届けします。