夏の疲れに効くビタミンが豊富な空芯菜(クウシンサイ)!

夏の疲れに効くビタミンが豊富な空芯菜(クウシンサイ)!痩せる栄養学
この記事は約2分で読めます。

知ってるだけで行動が変わる豆知識「これが最後のダイエット」をお届けします。

空芯菜(クウシンサイ)、タイ料理や中華料理ではおなじみですが、沖縄でもウンチェーバーと呼ばれ夏になると、よく見かける野菜ですね。

空芯菜(クウシンサイ)は、夏の疲れに効くビタミンやミネラルを豊富に含みます。

今回は、空芯菜(クウシンサイ)について紹介します!

空芯菜(クウシンサイ)の特徴

空心菜(クウシンサイ)は、東南アジアが原産とされ、ヒルガオ科サツマイモ属の葉野菜で、和名は「ヨウサイ」と言われています。沖縄の方言では、ウンチェーバーと呼ばれ、朝顔の花に似ていることから朝顔菜、エンサイといろいろな呼び方があるのも特徴です。

空心菜(クウシンサイ)は、高温多湿を好む植物なので沖縄は栽培に適した土地なのです。

空芯菜は、その名の通り、茎の芯が空洞になっています。この空洞が食べた時にシャキシャキとした食感があり、加熱すると少しぬめりが出るのが特徴です。

空芯菜(クウシンサイ)の栄養分について

βカロテン・・・・空芯菜には多くのβカロテンを含み、体内でビタミンAへ変換されます。抗酸化作用が高く、皮膚や目・粘膜を健康に保ったり、免疫機能を強化します。

ビタミンB1、B2・・空心菜に含まれるビタミンB1、B2は、いずれも代謝を高めて夏バテを解消する効果があります。

カリウム・・・・・塩分のバランスを整えて余分な水分を排出し、むくみ改善に役立ちます。

カルシウム・・・・カルシウムは骨を丈夫にしてくれるため、成長期の骨の形成や、骨粗しょう症の予防にもなります。

鉄分・・・・・・・全身に酸素を運ぶ働きを持つ赤血球を作る成分で、貧血予防になります。

【レシピ】空芯菜と卵の中華炒め

材料2人分 1人分135kcal

空芯菜・・・・・・200g(1束)

卵・・・・・・・・2個

しょうが・・・・・1片

にんにく・・・・・1片

オリーブオイル・・大さじ1/2

鶏がらスープの素・大さじ1

塩・こしょう・・・適宜

作り方

① 空芯菜は茎と葉に分け、3cm幅にカットします。

② しょうがとにんにくはみじん切りにします。

③ フライパンにオリーブオイルの半分の量を熱し、溶いた卵を入れ、ふわっと大きく炒めていったん取り出します。

④ オリーブオイルの半分を入れて②を入れて炒めます。いい香りがしてきたら空芯菜を茎、葉の順に炒めます。

⑤ 色が鮮やかになったら、③の卵を戻し入れ、鶏がらスープの素、塩・こしょうで味を整えてできあがり。

空芯菜のシャキシャキとした食感を楽しむには、あまり炒めすぎないのがコツです。ビタミン、ミネラル豊富な空芯菜を食べて夏の疲れとはおさらばしましょう!


そろそろ最後のダイエットはじめませんか?

 

しっかり、たっぷり、きっちり食べるをコンセプトにしている、カロリア ミールトレーニング®
あなたの生活スタイルやあなたの食の好みに合わせたプログラムのため、無理なく続けられます。

>ダイエット本気ではじめたいけど、本当に続けられるかな。

>いままで何度もダイエットに失敗してきた私でも大丈夫かな?

>我慢が苦手!できるだけ短期集中でダイエットできたらいいな!

マイナス1〜3kg!腸活10日間コース体験者の声

迷っているときは、先にスタートした先輩の意見を聞くのがいちばん!

体重だけでなく、心まで軽くなった方もいらっしゃいますね。人生を楽しく元気に過ごせるように「最後のダイエット」をはじめてみませんか?

マイナス1〜3kg!腸活10日間コースの予約はこちら

この記事を気に入ってくれたらLINE友達追加してくれると、うれしいです!
LINE@ダイエット・健康のココだけ情報も!